家族信託制度のご活用

家族信託制度のご活用

信託制度は、今もっとも注目をされている相続、財産管理の活用方法です。
平成19年に改正された信託法による家族信託を利用すれば、遺言だけでは完全には解消されない不具合が、ほぼ完全に解消されます。
信託には色々のスタイル・バリエーションがあります。
このような信託制度の活用は、まだまだ一般には馴染みがないため、ほとんどの方はこのような制度があることさえも知りません。

私たち旭合同法律事務所は、信託制度の活用研究を進めており、対応できるように弁護士が勉強会・研鑽を行っております。
信託制度のご活用のご相談は、お気軽のお問い合わせ下さい。

さまざまな家族信託制度の活用

「相続、財産管理の革命」である家族信託制度の活用

賃貸不動産オーナーの高齢化

不動産オーナーの間では,体力が失われてきたり,判断能力が低下したり,認知症になった場合の対策として,「信託」に注目が集まっています。

配偶者の生活保障と子供や孫への資産をどう残すか?

遺言の作成を考えている人から、自分が亡くなった後の妻(夫)の生活を保障するとともに、妻亡き後は妻の面倒を見てくれている長男夫婦またはその孫に自宅とその土地を承継させたいという要望を聞くことがあります。

中小企業の後継者問題

事業承継の手法の一つとして信託の活用が紹介され、経営者の間で信託による事業承継に関心が高まっています。

障害を持つ子の生活が心配

障害児親亡き後の生活に、信託制度を活用。障害のある子や孫の将来が心配であるため、まとまった財産を生前に贈与しておきたいとお考えの方も少なくありません。

こんな家族信託も

家族信託をこのような活用にも

葬儀信託

葬儀信託が増加。
死亡によって銀行口座が凍結されて葬儀費用がすぐに準備できない、
遺族の精神的金銭的負担が増えて遺産分割トラブルに発展するリスクがある、身寄りがない場合、周囲の人物に迷惑がかかる等のトラブルを回避し、自分が希望する葬儀が実行できます。

詐欺被害から高齢者を守るための信託

特殊詐欺の被害額は、平成28年で482億円となっています。
特殊詐欺とは、「オレオレ詐欺」や「還付金等詐欺」などをいい、65歳以上の高齢者の被害割合が極めて高いです。
高齢者が預貯金などを詐取されると、被害回復はほとんど不可能であり、老後の生活が成り立たなくなる可能性があります。
そこで、財産管理を可能とする信託制度により、高齢者の財産を保護することが有用です。
信託により、高齢者が委託者兼受益者となって、高齢者の財産の処分権限を受託者に託し、財産を保護するのです。
また、高齢者自身の財産管理の負担軽減にも繋がります。

家族信託制度を活用できる分野

家族信託には色々のスタイル・バリエーションがあります。

信託を利用した不動産の資産承継
自分亡き後の妻の老後を長女に託しておきたい
妻の面倒を自分に信託する福祉型信託
家族信託で資産活用
信託設定で相続時のスムーズな財産管理が
老後のアパートの管理を自益信託を活用

家族信託制度への取り組み

旭合同法律事務所は、家族信託の活用にさまざま取り組んでおります。

信託の勉強会

信託を活用した財産管理の勉強会に参加

相続・遺言の相談窓口

「相続」を「争族」にしないためにということで、「相続・遺言の相談窓口」専門サイトを開設して、相続・遺言問題に取り組んでおります。

他の専門職との協力・提携

他の専門職(税理士・公認会計士・司法書士)とも連携し、依頼者の問題解決に向けて取り組んでおります。

ベテランから若手まで16名の弁護士

経験豊富な弁護士があなたの法律問題についてチームで対応いたします。

主に従事してきた分野
会社の再生、遺言・遺産分割、離婚、借地借家、土地問題、建築紛争

1、昭和23年(1948年)岐阜市加納で生まれましたが、小学校1年からは名古屋です。中村小学校、豊正中学校、名古屋西高校から名古屋大学法学部に入りました。司法試験をめざして、法学部を選んだのですが、大学の教授と意見が合わず、3ヶ月程で大学に行かなくなり、独学で司法試験の勉強をしました。

2、昭和47年(1972年)に司法試験に合格し、2年間の司法修習を終了し、昭和50年(1975年)4月に名古屋で弁護士登録(現在の愛知県弁護士会 当時は名古屋弁護士会)をしました。もともと検事を目指していましたが、結局最初から弁護士となりました。

3、2年のイソ弁時代を経験した後、昭和52年4月に現在の旭合同法律事務所を中区記念橋に設立しました。
当時は第一次サラ金被害の頃で、毎日、悪質なサラ金業者との激しい戦いでした。追いつめられ、自殺しそうな人々のために必死に頑張りました。
交通事故の被害者の事件も多く、後遺症の等級認定の再請求などで次々と成果をあげました。毎日、朝から夜中まで働く日々でした。

4、昭和55年(1980年)からは、東京で大きな弁護団に入り、週末は上京し、土日は東京で働く日々となりました。その時に色川幸太郎先生(元最高裁判事)や川島武宜先生(東大元教授・民法の大権威)のご指導を受ける機会をいただくことができました。

5、平成2年(1990年)から衆議院議員を連続3期やらせていただき、衆議院建設委員長、外務政務次官としても働くことができました。(議員時代の話)

6、平成12年(2000年)から、弁護士に復帰し、当時制定されたばかりの民事再生法による大小の企業の再生事件を多く手がけました。
当時、民事再生法はできたばかりで、解説の本もなく、裁判所の判断もなかった時代ですが、事務所の弁護士2~4名でチームを作り,賢明にそして懸命に取り組み、会社の再生を成し遂げてきました。従業員と経営者の生活を守り、取引先との取引を維持することに主眼を置きました。扱った会社は、負債総額2億円位から数百億円でした。

7、最近は、家事事件(相続・離婚など)の事件が増加し、多くを担当しております。
離婚・相続は、土地の境界争いと同様に感情の事件に陥りやすい事例です。
私は、依頼者にとって最良の解決は何か、依頼者のこれからの幸せな人生のために良い解決方法は何か、を視点に、依頼者との対話を重ね信頼関係を強くすることこそ大切と思い取り組んでいます。

弁護士 平田米男(ひらたよねお)創業者・弁護士

主に従事してきた分野
刑事弁護、税務事件、交通事故には特に関心があります。

1、略歴
昭和19年2月2日広島県尾道市に生まれ、高校卒業までは瀬戸内海に面した郷里で育ちました。
昭和44年4月検事任官。広島地検を振り出しに、北は北海道の札幌、西は広島までの範囲で延べ13か所の検察庁に勤務しました。その中でも名古屋勤務が3年間ずつ3回の都合9年間になりますから、31年間の検事生活の約3分の1近くを名古屋で過ごしました。

このような経緯もあって愛知県での弁護士登録となりました。検事時代に携わった事件は多岐にわたりますが、最も長い期間経験し得意としていたのは、財政経済事件なかんずく租税(脱税)事件でした。名古屋地検では2年間交通部長をしていましたから、多数の交通事件にも関わってきました。

平成12年6月から同24年7月までは、松阪公証人合同役場(三重県松阪市所在)で公証人として、遺言公正証書、任意後見・離婚給付・金銭消費貸借・債務弁済・借地権設定・土地建物賃貸借など各種契約の公正証書作成、会社(法人)の定款認証などの公証事務に携わってきました。

その間、総務省の所管にかかる年金記録確認三重地方第三者委員会の初代委員長として、公証人との兼務で平成19年7月から平成21年7月までの2年間、いわゆる「失われた年金記録」などに伴う被害者の権利回復に従事しました。厚生年金や国民年金といった公的年金を管理する行政官庁(当時は厚生労働省外局の社会保険庁)、とは独立した第三者機関として、実にやりがいのある2年間でした。
事実認定のため調査員を指揮しての調査や、3~5名の委員で構成される合議体による第三委員会の審議は、司法機関ではないのですが、検察庁や裁判所の仕事に似通った点が多くありました。

2、抱負
特に関心のある分野は、刑事事件、交通事故、税務事件、それに公証人時代に公正証書作成を通じて関与した遺言、離婚の事件ですが、弁護士としては駆け出しですから、初心に立って勉強・研鑚を積み重ねるとともに、これまで携わってきた経験を生かし、誠実と粘り強さをモットーに皆様のお役に立ちたいと思っています。

弁護士 高橋 寛(たかはしゆたか)弁護士・元公証人

主に従事してきた分野
遺言、相続、医療過誤(患者側)、債務整理(破産・再生・過払請求)、離婚、交通事故

1、生い立ち
私は、滋賀県出身です。地元の小学校、中学校に進み、高校は大津市にある膳所高校に進学しました。その後、東京にある創価大学に進学しました。

2、司法試験受験時代
大学を卒業したら滋賀県に戻りたいと思っていましたので、地元の自治体の公務員になろうと漠然と考えていました。そこで、大学OBの先輩達が法律などを教えてくれる研究室に所属したところ、ある大学OBの先輩から、司法試験を目指してみないか、というお話をいただきました。法律に興味を持つようになっていたので法曹を目指すようになりました。アルバイト(コンビニ店員、引越手伝い、予備校講師など)で生活費を稼ぎながらの受験には苦労が多かったですが、司法試験に合格し、司法修習を経て、滋賀県にある法律事務所に就職しました。

3、弁護士になってから
滋賀県で弁護士をしている頃は、なぜかDVがらみの離婚事件や請負契約に関する事件が多かったように思います。3年ほどで独立を考えるようになり、そうしたときに、旭合同法律事務所からお誘いを受け、自身の仕事の幅も広がるのではないかと思い立ち、旭合同法律事務所に参加させていただきました。

4、現状
現在、遺言、相続、離婚、個人や企業倒産、債務整理、商取引に関する事件、借地借家、交通事故、債権回収など様々な事件を扱っています。また、名古屋に来てからは、専門性が高い医療過誤(患者側)も扱うようになりました。交通事故に関しては、脳脊髄液漏出症の事案に力を入れています。

弁護士が関わる分野は本当に広く、個々の事件を通して勉強する毎日です。これからもチャレンジ精神を大切にして、様々な事件に取り組んでいきたいと思います。

弁護士 川口正広(かわぐちまさひろ)弁護士

略歴
平成 1年 2月  大阪府大阪市に生まれる
平成 2年 3月  兵庫県西宮市に移住
平成13年 3月  西宮市立高須西小学校卒業
平成16年 3月  西宮市立高須中学校卒業
平成19年 3月  関西創価高校卒業,東京都八王子市に移住
平成19年 4月  創価大学入学
平成23年 3月  創価大学卒業
平成23年 4月  創価大学法科大学院入学
平成26年 3月  創価大学法科大学院修了
平成26年 9月  司法試験合格
平成27年12月  旭合同法律事務所入所,愛知県豊橋市に移住

1 生い立ちと現在に至るまで
出身は関西です。実家が甲子園球場から近かったこともあってか,野球少年でした。この野球を通して知り合った友人達と県大会優勝を目指して切磋琢磨したことは良い思い出です。
大学生になって寮生活を経験しました。寮生活では全国各地から個性豊かな様々な人たちが集っており,このような人たちと友人となれて最高でした。
その後,司法試験の勉強を開始しました。腰を落ちつけて勉強できるのは人生で最後の機会だと思い,必死で勉強し,無事に司法試験に合格することができました。
縁あって,本年(平成27年),旭合同法律事務所に入所いたしました。これからは新天地の中部で,陰に陽に支えてくださった方々への報恩感謝の思いを胸に,精進して参ります。
ちなみに,愛知県豊橋市に居住していますが,まだ右も左も分からないので,三河地域の皆様,殊によろしくお願い致します。なお,フェイスブックをやっておりますので,友達リクエストもお待ちしています。

2 弁護士を志した動機
高校時代に,自分の好きなことで,社会に貢献できる仕事に従事したいと思うようになりました。
大学時代に,議論することや文章を書くことが好きであると思うようになったので,議論と文章で困っている人々を助けることのできる弁護士を志しました。

3 関心のある分野
民事一般,交通事故,相続手続,離婚問題,債務整理,不動産問題,労務問題,医療過誤,企業法務,事業再生,知財・不正競争・独禁法,自治体法務,外国人関連事件,刑事・少年事件

4 抱負
依頼者の皆様は,不安,悲しみ,怒りといった様々な思いを胸に秘めてご相談に来られるかと思います。そのような依頼者の皆様の思いに深く共感し,安心と希望をもって頂けるよう「迅速,的確,ていねい」に仕事に励んで参ります。

弁護士 乙井翔太(おといしょうた)弁護士

身近な法律相談

法律問題について弁護士が当番制で電話無料法律相談・各地の法律相談を行っております

電話無料法律相談

電話無料法律相談は1988年(昭和63年)年から続けており、
平日 月曜日~金曜日および
原則として土日 土曜日・日曜日も午前10時から午後5時まで
行っております

夜間電話無料法律相談

昼間にお仕事をされている方ために、夜間(午後5時~午後8時まで)も電話での法律無料相談をお受けし対応しております。
その日の担当の弁護士が、ご相談内容の概要をお聞ききし、アドバイスをいたします。

愛知・名古屋・岐阜等各地で無料出張相談

名古屋市および各地で無料法律相談をしております。現在は、愛知県庁、名古屋市役所、名古屋市北区、名古屋市緑区、春日井市、岡崎市、豊田市、刈谷市、江南市、一宮市、豊橋市、岐阜市、多治見市、大垣市、高山市で開催しております。お気軽にお電話でお問い合わせ下さい。

電話無料法律相談

電話無料法律相談は1988年(昭和63年)年から続けており、
平日 月曜日~金曜日および
原則として土日 土曜日・日曜日も午前10時から午後5時まで
行っております

TEL:052-231-4311